これから家つくりを始める貴方へ

北陸の風土を知り尽くした提案設計

定年後の夫婦の住まい

今回ご紹介するのは、富山県小矢部市にお住まいのHさん。長く勤められた会社もあと数年で定年となられるとのことで、今の住まいを若夫婦に譲り夫婦二人のために「終の住まい」を計画したい、ということでした。

「膝を痛めているので、エアコンをかけると、とても辛くて…むし暑い富山の夏でも、エアコンをかけなくていもいい住まいを建てたいです。」という奥様の要望を聞き、Hさんに満足してもらうには、この工法しかない!と、ソーラーサーキットでの家づくりをお勧めしました。

小高い山の裾野に位置するH様邸。敷地内の樹木には家族の深い思い入れがあったため、それを極力切らず、以前の家から眺められた景観を大切に引き継ぐ事をテーマに設計されました。

『外断熱』+『二重通気』工法

単純な外断熱だけではなく、『二重通気』を取り入れたソーラーサーキット工法。極寒地の北陸で冬の厳しい寒さを当然のごとくクリアし、『二重通気』によって、夏に昔の家のような風が通り抜ける住まいが可能です。

単純な外断熱の家では、ソーラーサーキットの家のような住み心地の良い家にはなりません。夏が蒸し暑い北陸で、エアコンを使用しない涼しい住まいを建てるには、ソーラーサーキットの家しかないと考えたのです。

このソーラーサーキットの家と、富山・石川の民家のように軒の出を長くし、テラスや緑の庭園を組み合わせたプランを提案しました。

・・・結果として、Hさんご夫婦には大変満足していただくことができました。奥様から「北陸・富山のジメジメした夏でも、ほとんどエアコンをかけなくてもいい住まいなので、膝も痛くありません。」という嬉しいお言葉も頂きました。

無垢の床材が素敵な、柔らかな光沢で人を迎え入れてくれています。

ガレージの上には、外からは見えない秘密のスペース。素敵な、家族だけの癒しの場所です。

冬暖かで夏涼しい「仕組み」

北陸の高温多湿な夏を涼しく過ごせる住まいで、富山県や石川県でも満足できる暖かい住まい。
この相反する2つのタイプですが、人が衣替えをするように、夏と冬に空気の流れを変えることで、冬は暖かく、夏涼しい住まいを可能にしています。
「外断熱」は、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める、冬季に適した技術です。一方、「二重通気」は、躯体の中に設けた二重の通気層を使って気流をつくることで室内の熱や湿気を調節する、夏季に適した技術なのです。

体感ハウスへ行こう!