性能と仕組み -選ばれる理由があります-

外断熱+輻射熱暖房

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。例えば、家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。

【一般的な内断熱】
一般的な内断熱は柱などの構造物の間に断熱材を充填する断熱工法です。施工の特徴上、断熱材には構造材による切れ目ができます。構造材の部分は断熱材より断熱性能が劣り、熱が出入りしやすくなります。また床下や小屋裏空間は断熱材の外側なので、外気の影響をそのまま受けます。
【外断熱(ソーラーサーキットの家)】
内断熱に比べ、外断熱は断熱する空間が大きく、家の隅々まで外気の影響を受けにくいことが特徴です。また、外断熱が支持されるもう一つのポイントは、結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。
【外断熱のいろいろ】

基礎の外側を断熱すると…

基礎の外側を断熱すると、外気の影響を受けにくいため、床下温度が安定します。それによって、夏は木陰のような涼しい床下、冬はあたたかな床下を実現。また家を支える基礎の耐久性も向上します。

真夏の小屋温度

夏は太陽の熱により、躯体内(特に小屋裏)の温度が外気以上に高まります。そんなときでも、ソーラーサーキットの家なら、躯体を覆う断熱材が、室内空間への熱の影響をやわらげます。

SCフォーム(ソーラーサーキット専用の断熱材)

高い断熱性能はもちろん、耐圧強度と透湿抵抗にも優れた断熱ボードです。雨や湿気に強いので、多用な環境下で使えます。製造工程でフロンを使わず、リサイクルも可能なので、環境性能にも優れます。

体感ハウスへ行こう!