性能と仕組み -選ばれる理由があります-

二重の壁(二重通気)

高断熱・高気密化は、冬を暖かく快適に暮らすためには欠かせませんが、夏の風通しのより爽やかな暮らしと住居の耐久性には、通気性がとても大切です。この気密性と通気性、相反する性能を併せもつのがソーラーサーキットです。
ソーラーサーキットの家は、室内を外壁、断熱材、内装材で三重に包み、それぞれの間に風の通り道を設けて排熱・排湿する独自の二重通気構造となっています。

【アウターサーキット】

外壁材と断熱材(SCフォーム)との間に設けられた通気層。常時が外気に開放されており、冬は結露の原因となる壁内の水蒸気を放出します。夏は強い日差しで暑くなった外壁材の裏側の空気を排出します。

【インナーサーキット】

断熱材(SCフォーム)と室内の内壁に設け入られた構造材の間に通気層を確保します。
夏はSC床下ダンパーとSC小屋裏ダンパーを開放状態にすることにより、外の爽やかな空気を取り入れて排湿・排熱し、冬はそのダンパーを締め切り、暖かい空気を断熱材の内側にとどめ配熱します。

インナーサーキットとアウターサーキットの機能

SC床下ダンパーとSC小屋裏ダンパー

ソーラーサーキットの家が、今から浴室・トイレまで温度差が少なく、外気の取り入れによる湿度のバランスがよい、やわらかい「住み心地」の家です。その秘密は、季節によって気密と通気を巧みに使い分けるインナーサーキット(躯体内空間)にあります。床下のSCダンパーと小屋裏のSC小屋裏ダンパーを窓と同じ感覚で暑ければ「開ける」、寒ければ「閉じる」という簡単な方法。暖まった空気は上昇するという自然の力を利用して、余分な熱と湿気を排出します。

体感ハウスへ行こう!