素足で暮らす家って? -もう普通の家には住めません-

家中どこでも快適温度、ヒートショックの不安解消

死亡原因第一位の癌に次ぐ心疾患や脳血管疾患。ヒートショックはその発症原因のひとつです。最近では交通事故の死亡数を上回っており、その数は年間1万人以上になると言われています。

<ヒートショック>とは、急激な温度変化により体が受ける影響のことです。例えば、暖かいリビングからトイレへ移動したときに「ブルブルッ」と寒さによって震えることがあると思います。それもヒートショックの一種です。
特に冬場、脱衣室から浴室への温度差が激しいところを移動すると、血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などに繋がる恐れが多くなります。
また、ヒートショックの影響を受けやすいのは、65歳以上の高齢者です。高齢者が家の中で亡くなる要因の4分の1も締めているのです。

お風呂場に入った瞬間、フラっときて、そのまま倒れ、救急車で運ばれて・・・。いままでの生活が一瞬にして暗転し、何年間も寝たきりの状態になったり、介護をしなければならない生活を想像してみてください。

こういったことから家づくりにおいて、段差などの物理的なバリアフリーだけではなく、温度に対するバリアフリーも考えていく必要があります。

外断熱・二重通気のシステムを取り入れた、家全体が暖かい“素足で暮らす家”では、脱衣室やトイレはもちろん、どこにいても快適な温度を保ちます。各部屋に暖房器を置く必要もなく、すべての部屋を開けっ放しにして過ごすことが出来ます。

以下はお客様の声です。

「冬の夜に暖房を止めても18℃以下にならないこともあります。家の中の温度差もほとんどなく、とても快適です。実は、実家で祖母をヒートショックで亡くしていて、温度差の少ない家は望んでいたこと。あたたかさに包まれ、子どもが家中を走り回っています。」

体感ハウスへ行こう!