素足で暮らす家って? -もう普通の家には住めません-

前の住まいでは顔まわりばっかり

空気は暖かいと上昇します。どんなに部屋を暖めても、足元の冷えは解消されず、顔まわりばかりが暑くなるという経験をされた方も多いのではないでしょうか。
もともと人間の体温は、上半身が高く、下半身が低くなっています。人間の身体で一番冷たい部分は足の小指とされており、その小指を触って「冷たい」と感じるようであれば「頭熱足寒」状態にあります。
多くの病気は「頭熱足寒」の状態が続くことから生じてくるようです。上半身、とくに頭部がうっ血して紅潮し、のぼせ感があり、反対に、下半身は虚血の状態で冷たく、とくに足や足の指が冷たい状態です。
この上半身と下半身の温度差を出来るだけ小さくすることを「頭寒足熱」といい、その状態が健康に良いとされています。

『素足で暮らす家』では、その名の通り冬でも素足で歩いても心地のよい住まいです。
一般の住まいでは、床面と天井面の温度差が10℃以上であるのに対し、『素足で暮らす家』では1℃以内。基礎の外側で断熱しているので、床下の暖気が逃げにくくなっています。床暖房をしていなくても、床暖房をしているような暖かさが感じられます。

人間の体感温度は、(室温+平均表面温度)/2で求められるため、触れている表面(床面)の温度が高いと、体感温度も高く感じます。自然と暖房の設定温度も低くなり、健康に良いだけでなく、省エネにも繋がることでしょう。

体感ハウスへ行こう!