素足で暮らす家って? -もう普通の家には住めません-

梅雨でも湿度60%以下

梅雨シーズンは洗濯物もなかなか乾かず、ジメジメした環境で気分が滅入りがちです。そのひとつの要因である湿度。『素足で暮らす家』は梅雨時期でも湿度が60%以下です。玄関に入るとサラッとさわやかな空間。室内干しも朝起きれば乾いています。

快適な湿度が得られる『素足で暮らす家』では家全体の温度差も少なく、自然と結露も発生しにくくなります。昔の家は風通しが良く、湿気がこもりにくい住まいでした。しかし、近年では高気密住宅が増え、24時間換気設備や窓の開放することによって換気をしています。そういった住まいでは、湿気が多く空気が滞留しやすくなり、結露の発生に繋がります。

一般に結露が引き起こす影響とはどんなものがあるでしょう。
・材木腐朽菌の発生により木材が腐り、強度・耐久性の大幅ダウン
・カビ等の発生による悪臭(アトピー、アレルギーの原因)
・カビ等の胞子をえさにダニが発生
・湿った木が大好きなシロアリが発生

特に壁の中で発生する結露を“壁体内結露”といいます。壁の中の結露は目に見えないので、気づくのが遅れてしまいます。その結果、カビ・腐朽菌などにより住宅の寿命に渋滞なえ影響を与えてしまうのです。
『素足で暮らす家』には断熱材と内装材の間にインナーサーキットという躯体内空間があります。このインナーサーキットによって躯体内の排熱と共に排湿を行うので、壁体内結露に対する心配も少なくなります。

ジメジメした梅雨を、爽やかに暮らせる家。ぜひ一度体感してください。体感ハウスのページへ >>

体感ハウスへ行こう!